連帯保証をはずす方法

経営者が代表取締役を退任しても、連帯保証が残っていては安心して第2の人生を過ごすことが出来ませんね。

金融庁が出した方針では「経営者以外の第三者の個人連帯保証を求めないことを原則とする融資慣行を確立する」という方針が宣言されています。

しかし、現実的には銀行は既存融資の連帯保証については外してくれないことが多いようです。

よって、退任前には銀行といつ連帯保証を外してくれるか協議することが必要です。可能であるなら新規融資で借り替えを行い連帯保証を外す方法もあります。

この記事を書いた人

H.Murakami