メッセージ

2025年には6割以上の中小企業で経営者が70歳を超え、このうち現時点で後継者が決まっていない企業は127万社あると経済産業省は試算しています。

また、経産省によれば「廃業の増加によって2025年までの累計で、約650万人の雇用と約22兆円の国内総生産(GDP)が失われる可能性がある」との報道がありました。

事業承継において、後継者不足は国家的問題であり会社にとっても必ず訪れる重要なテーマです。

同時に近年、財務状況の悪化・投資の失敗・マネジメントの問題などにより倒産に至る会社も増えてきています。

このような環境の中、事業承継再生のために的確なアドバイスやマネジメントサービスを提供して事業継続を支援する事により、我が国の産業発展に貢献するのが当社の願いであり、役割です。

RS TRUST 事業再生・承継の問題解決|リード会計・法務事務所
代表 村上 弘之(公認会計士・経営コンサルタント)